にんにくサプリはアトピーに効果があるのか?悪影響なのか?

アトピーになると非常に苦しい症状になります。暑い寒いを問わず1年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。夏場の汗はかゆみを増大し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸困難になる恐れもあります。最近、アトピーはにんにくの働きによって改善できる可能性があります。腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという抗体が出来る性質があります。
そしてこのIgEという抗体がたくさんの数作られてしまうと、過剰反応を起こしてしまい、アレルギーを起こす結果になるのです。ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、にんにくには、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。
乳児がインフルエンザになったら、はなはだ大変なことになりかねません。まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも想定できるでしょう。そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、赤ちゃんを外に出さない方が正解かもしれません。いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃前後まで上がって健康を害したので、翌日受受診しました。

先生はインフルエンザが検査できますよとすすめられました。

私も、残念ながら、インフルエンザだったら、それにあったお薬を選んでもらえるので、検診したいと希望しました。この間、インフルエンザに罹患してしまって内科を受診しました。どのくらいの潜伏期間なのかはっきりしませんが、インフルエンザの人とどこかで一緒になって感染してしまったのかなと思っています。

高い熱が3日わたって出て大変苦しい思いをしました。

高い熱が続くインフルエンザは、いつもひく風邪より大変な思いをしますね。

1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザ感染し、発熱を起こした後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状の現われるものがインフルエンザ脳症なのです。インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、治癒した後に後遺症が残る場合もまれにあります。これと言った決まりはあるわけではありません。どれくらいを、どのくらい摂るかは商品のパッケージに、明示されているわけですから、それを参考にして摂ってみて下さい。

まとまった量を一度で摂取するのに比べて、飲む回数を数回にした方が、身体のすみずみまで届くということからインフルエンザを患ってしまったら、最初に栄養をしっかりと、摂るために食事をしなくてはいけません。市販薬も重要ですが、栄養補給も大切です。とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。

朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、胃に優しくて栄養満点なものをできる限り摂ってください。

にんにくが身体に良いということはわりと知られている事実ですが、実は有効ではない説もあります。

これについても本当かどうかなんてわかりません。なぜかというと、それぞれ個人差がありますし、あくまでもにんにくは菌であって、効き目が出る薬ではないからです。自分に合うかどうか確認してから判断するのがよいです。

というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うもの知られています。
大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、急な高熱となり、3日から7日は最低それが続きます。

型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状に少しのが見られます。
しかし、肺炎をおこしたり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、油断できない感染症です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *