黒ニンニクの食べ方、間違っていませんか?

kurosu2

にんにくには、健康面において驚くほどの効果効能があります。疲労回復はもちろんのこと、ストレス軽減、成人病の予防、脳の老化防止、さらには美肌効果まで多岐に渡ります。しかし、効果効能が強すぎるあまり、副作用として表れることがあるため、注意が必要な食物でもあります。
そこで、ここでは、にんにくの副作用をご紹介していきます。

一つ目としては、胃腸障害があります。にんにくには、強い「抗菌・殺菌」作用があるため、適量を越えて摂取すると胃腸内の、悪玉菌だけではなく善玉菌まで殺してしまいます。また、胃の粘膜を傷つけてしまうこともあります。それに伴い、胃痛や、下痢、便秘を引き起こしてしまうのです。

二つ目として、口角炎、舌炎、皮膚炎が起こることがあります。多量のにんにくを食べると、腸内に存在するビタミンを生産する菌を殺してしまい、ビタミン不足になってしまうためです。
三つ目に、貧血が起きることがあります。にんにくの血液サラサラ効果が度を超えると血中のヘモグロビンが減少してしまうためです。
その他、アレルギー反応が出ることもあるようです。

このように、適量であれば非常に健康にとって魅力的なにんにくですが、摂取量が多すぎると、危険な側面が表れてきます。
では、適量とは、どのくらいでしょうか。一般には、生のにんにくであれば一日に一片、加熱したものであれば二~三片がよいとされています。

お子さんは、この半分の量にとどめておくようにしてください。
何事も、適度が大事ですから、効果があるからといって、食べすぎてしまうことのないようにしましょう。
また、この量は、あくまでも健康な人に対しての量です。持病がある人や妊婦はこの通りではありません。例えば、血液凝固系の障害を持つ人は禁忌とされています。また、抗血液凝固薬等の服用者も注意が必要です。さらに、出産前や手術前は、血流が良くなることで出血が多くなってしまう危険性があると言われていることも覚えておきましょう。にんにくサプリ通販人気ランキングなどを参考にしてより効果的な飲み方をしたいものですね。

ニンニクの臭いを少しでもカットできる方法

ニンニクはパワーを出したいときに食べると良いと言われていますね。でも、なんといっても気になるのはあの独特の臭いです。この臭いが残るために、食事にニンニクが入っていないものを選ぶ方もいるのではないでしょうか。

さて、この臭い、ちょっとした工夫でカットすることができるんです。その方法をご紹介しましょう。

1、茹でる
調理する前に茹でると、臭いを軽減することができます。より高い臭いカットを希望する方には、牛乳で茹でる方法があります。
皮を剥いたニンニクを鍋に入れて牛乳でひと茹で。茹で終わったら、牛乳はゆでこぼしをします。これを3回繰り返します。
牛乳は、ニンニクを食べる前に飲むと、たんぱく質がアリシンに作用して臭いが抑えられるという報告がありますが、調理する場合にも同様なんです。
茹でた後の牛乳の臭いがつくのが逆に嫌だという方は、牛乳の臭いがしても不自然ではない料理の時などにこの方法を試してみてください。

2、空気に触れさせない
ニンニクの強い臭いの元になっているアリシンは、空気に触れるとより一層臭いが強くなります。ですから、なるべく空気に触れないところでカットするとか、工夫してみてください。

3、加熱する
生ニンニクの方が、加熱ニンニクよりも臭いが強いです。ですから、どんな方法でも加熱することで、臭いをカットできます。簡単に加熱するなら、電子レンジはいかがでしょうか?ニンニクは丸ごと食べられますし、ポテトみたいにホクホクで美味しいですよ。

4、スライスする
ニンニクを切る際には、繊維に沿ってスライスすると良いですよ。繊維に沿うと、余計な細胞を壊すことがなく、臭いを抑えることができるのです。

上記は家で調理する時に出来る臭い対策です。
では、外食した時にはどう対策したら良いのでしょうか?

まず、口内をスッキリさせる効果もある「ガムを噛む」ことです。
ガムは歯に付着した汚れも取ってくれる作用があるので、一石二鳥ですね。

それから、りんごのポリフェノールと酵素が、意外にもニンニクの臭いの元となるアリシンを抑える力があります。
とは言っても、りんごジュースだと効果が薄れますので、できればリンゴ1/4個以上を食べると、効果絶大です。

外出先でリンゴをかじるのは難しい方には、牛乳が役に立ちますよ。牛乳のたんぱく質に効果があるので、なるべくたんぱく質が多い低脂肪乳にすると、より大きな効果が得られるでしょう。

口臭に困った時には、上記の方法を試してみてくださいね。

にんにくサプリはアトピーに効果があるのか?悪影響なのか?

アトピーになると非常に苦しい症状になります。暑い寒いを問わず1年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。夏場の汗はかゆみを増大し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸困難になる恐れもあります。最近、アトピーはにんにくの働きによって改善できる可能性があります。腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという抗体が出来る性質があります。
そしてこのIgEという抗体がたくさんの数作られてしまうと、過剰反応を起こしてしまい、アレルギーを起こす結果になるのです。ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、にんにくには、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。
乳児がインフルエンザになったら、はなはだ大変なことになりかねません。まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも想定できるでしょう。そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、赤ちゃんを外に出さない方が正解かもしれません。いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃前後まで上がって健康を害したので、翌日受受診しました。

先生はインフルエンザが検査できますよとすすめられました。

私も、残念ながら、インフルエンザだったら、それにあったお薬を選んでもらえるので、検診したいと希望しました。この間、インフルエンザに罹患してしまって内科を受診しました。どのくらいの潜伏期間なのかはっきりしませんが、インフルエンザの人とどこかで一緒になって感染してしまったのかなと思っています。

高い熱が3日わたって出て大変苦しい思いをしました。

高い熱が続くインフルエンザは、いつもひく風邪より大変な思いをしますね。

1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザ感染し、発熱を起こした後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状の現われるものがインフルエンザ脳症なのです。インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、治癒した後に後遺症が残る場合もまれにあります。これと言った決まりはあるわけではありません。どれくらいを、どのくらい摂るかは商品のパッケージに、明示されているわけですから、それを参考にして摂ってみて下さい。

まとまった量を一度で摂取するのに比べて、飲む回数を数回にした方が、身体のすみずみまで届くということからインフルエンザを患ってしまったら、最初に栄養をしっかりと、摂るために食事をしなくてはいけません。市販薬も重要ですが、栄養補給も大切です。とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。

朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、胃に優しくて栄養満点なものをできる限り摂ってください。

にんにくが身体に良いということはわりと知られている事実ですが、実は有効ではない説もあります。

これについても本当かどうかなんてわかりません。なぜかというと、それぞれ個人差がありますし、あくまでもにんにくは菌であって、効き目が出る薬ではないからです。自分に合うかどうか確認してから判断するのがよいです。

というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うもの知られています。
大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、急な高熱となり、3日から7日は最低それが続きます。

型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状に少しのが見られます。
しかし、肺炎をおこしたり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、油断できない感染症です。

子どものインフルエンザ予防と対策について、予防接種まとめ

息子がインフルエンザにならないための接種に受診しました。
注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、娘はまだ6歳だが、注射を見つめて注射をされています。
予防接種終了後は怖かったーと表現していました。

必要以上に怖いんじゃないかな?と感じましたが、何も言うことができませんでした。
母は重度のアトピー持ちです。

遺伝してしまったみたいで、私もアトピーを発症してしまいました。
肌が荒れてしまって、毎日保湿を欠かすことができません。

お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外出も困難なのです。

母を憎んでも仕方ないですが、もしかして、子供にも遺伝するかもしれない思うと、絶望的な気持ちになります。ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私が実体験したのは、多くの量を食べないと、大して、効果が感じられない気がします。
1日につき1パック位食べて、お通じがやっとあるという感じです。

ヨーグルトを食べるのが好きな人はいいですが、好まない人も、ジャムなどを入れて、なるべく食べるようにするといいかもしれません。オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分として高く興味を持たれています。実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌の働きはアクティブになり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、腸内の状態を整えてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖はどちらも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするには必要不可欠な成分です。最近、インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効果があるといわれています。

1年程度前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったという番組を見たことがあります。
私の娘が受験生でしたので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。
特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが最もいいそうです。
私はずっと先天性のアトピー性皮膚炎を持っており、幼い頃は、親の虐待を疑われる程、かなりひどい見た目でした。

いろいろな治療法を施してみても、効果を全く感じなかったのに、住居を変えたところ、あっという間に肌がきれいになり、痒みもなくなりました。思い切って住環境を変えるのも、アトピー治療に向くのかもしれません。

便通で悩む事って永い人生のうちに必ず一度はどんな方でも体験したことがあるものだと思います。
私もその一人で、大変な時は一週間便秘のまま過ごすなんてこともあります。
便秘に効果的な薬もありますが、私はアレをあまり飲みたくないので、出来るだけ自然に便が出るオリゴ糖を愛用しています。
お通じの悩みを優しく改善してくれるのが安心ですね。アトピーの角質層はセラミドが問題がない状態のときよりも減っていて、お肌の水分保持力やお肌を守る機能が少なくなっています。
これを補足して健康に近づけるには、保湿することがとても大事です。そのためには、お肌の表面を保護して、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を塗ることが必要なのです。

もし、赤ちゃんがインフルエンザを発病したら、重大なことになりかねません。
まだ体力が足らない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えうるのかが案じられますし、インフルエンザで亡くなることも可能性が有るでしょう。インフルエンザが広がっている時には、絶対に外出させない方が打倒かもしれません。

乳酸菌シロタ株イコール、何といってもヤクルトです。昔、白血病になり闘病経験をお持ちの渡辺謙さんのCMでも有名です。
あざやかに白血病との闘病生活から帰還し、ハリウッドで引く手あまたのCMでの渡辺謙さんのお薦めをみていると、とても効果が期待できそうなような気がします。